中小企業診断士の難易度

このページでは、中小企業診断士の難易度について説明しています。

資格のなかでも認知度が上がってきている中小企業診断士ですが、中小企業診断士の資格を得るための試験はどれくらいの難易度なのでしょうか。

中小企業を対象にしたコンサルティングのニーズが高まっている今、中小企業診断士を目指すために、試験の難易度を確認しておきましょう。

中小企業診断士試験には、1次試験と2次試験があります。

1次試験の合格率は2割前後で、2次試験の合格率は2割を少し切るくらいです。

2つの試験にストレートで受かるのは、0.5割程度と非常に難易度の高い試験となっています。

ほとんどの受験生は中小企業診断士になるために、数年掛けて合格を目指します。

中小企業診断士はビジネスの現場でニーズがあるだけで無く、資格としても人気があります。

そのため受験者数が多くなり、合格率が下がって難科傾向が続いている資格です。

中小企業診断士試験は学習範囲が非常に広く、受験の勉強をして行くのは簡単ではありません。試験範囲を計画的に網羅していく、効率的な受験勉強が欠かせません。

受験までの限られた時間を上手に使っていく人だけが、合格することが出来ます。

中小企業診断士は、今後もニーズが高まっていくと思われる資格です。

中小企業診断士試験の難易度は高いですが、毎年数千人の方が合格していますから、合格できるように受験対策を行なっていきましょう。

以上、中小企業診断士の難易度について解説しました。中小企業診断士の受験を検討している人は参考にしてみてください。

この記事をシェアする