通関士の難易度

このページでは、通関士の難易度について説明しています。

通関士を目指すためには、通関士試験の難易度について知っておくことが役立ちます。

試験の難易度が分かっているなら、合格までどれくらいの勉強をしたら良いかが分かるからです。つまり、学習計画も立てやすくなるということです。

通関士試験の合格率は1割前後なので、難易度は高めと言えます。

きちんと試験対策と準備をしておかないと、合格することが難しいレベルです。

国際貿易が盛んに行なわれている昨今、通関士のニーズは高まっています。

しかし、現場で求められるのは、関税や通関に関する実務で質の高い仕事が出来る人材です。

通関士試験は、そのような優秀な人材を確保するために設けられた資格試験なので、難易度が高めなのは当たり前かもしれません。

通関士試験の試験科目は、通関業法、関税法等、通関実務から出題されます。出題形式としては、択一式、選択式、計算式の3つがあります。

通関士試験の難易度は高めですが、論文式や口述式の出題がないので、試験対策がしやすい試験でもあります。

また、通関士試験はマークシート方式で行われる試験ですので、対策しやすいといえます。

すでに通関業務に一定期間携っている経験者は、いくつかの試験科目が免除されます。

合格者の定員は設定されていないので、試験問題を解けるか解けないかで合否が決まります。

3科目のうちの5つの項目の中において、6割以上の正解率が合格ラインとなり、6割以上得点することができれば、通関士試験に合格できます。

通関士の受験資格はないので、誰でも受験できますし、受験料も安いため、もし不合格になっても、再挑戦しやすい試験とも言えます。

仕事をしながら、独学で通関士の合格を目指す人も多いです。

通関士試験の過去問や参考書、通信講座なども充実しており、独学で通関士を勉強する人でも問題なく試験対策ができる環境が整っています。

国際貿易の中で重要な仕事が出来る通関士は、今後もニーズが高まる職種といえます。

キャリアアップの目標のひとつとして、通関士試験を受験するのも良いかもしれません。

以上、通関士試験の難易度について解説しました。通関士の受験を検討されている方は参考にしてみてくださいね。

この記事をシェアする