歴史の記憶術 松平勝男 監修

このページでは、歴史科目の暗記に特化した記憶術を紹介します。松平勝男が監修した歴史の記憶術という教材です。

歴史の記憶術 詳細はこちら

歴史の記憶術は日本史や世界史などの歴史科目の勉強に適しています。学校の試験勉強や大学受験、歴史能力検定の受検にお勧めです。

歴史科目は暗記がメインになるため、暗記が得意でない人は、成績が伸びず歴史科目がそのまま苦手科目になってしまいます。

しかし、暗記さえ得意になれば、得点が取れるので、歴史科目を得意科目にすることも難しくありません。

歴史科目の攻略には記憶術が有効です。歴史の記憶術では、歴史の暗記事項を暗記するために必要な3つのコツを解説しています。

脳のメカニズムに即した暗記のコツさえおさえれば、膨大なボリュームの歴史事項を頭の中で整理して記憶することができるようになるというわけです。

日本史や世界史の勉強では、覚えるのに時間がかかる、量が多くて覚えられない、覚えてもすぐに忘れてしまう、文化史は得意だが人物名や年号を覚えられない…等々、暗記の悩みがあると思います。

歴史の記憶術では、暗記事項をインプットして、記憶に定着させ、アウトプットするための流れは3ステップです。

1.記憶に定着させるための「物差し」を覚える
2.テキストを流して読むことで「リハーサル」する
3.「リハーサル」のトレーニングを生活のなかで行う

3ステップの具体的なやり方や覚え方は、教材内で解説されています。

歴史の記憶術を習得するためには、特別な才能や能力は必要ありません。記憶術が初めての人や歴史科目が苦手な人を対象に作られている教材です。

ただし、歴史の記憶術は日本史や世界史の暗記に特化している記憶術なので、他の科目や資格試験の対策には向いていません。この点は注意が必要です。

歴史科目を得意にして、1ランク上、2ランク上の志望校を目指したい人、歴史能力検定1級合格を目指す人には、歴史の記憶術をお勧めします。

教材名 歴史の記憶術
著者 松平勝男
制作企画 通信学習舎
販売者 株式会社メガプロモーション
歴史の記憶術 公式サイト

この記事をシェアする