速読術のコツはある?

こちらのページでは、速読術のコツについて書いています。

速読術というものは、文章を早く読むための方法です。速読術を上手く行うには、速読のコツをつかむ事が大切になります。

おすすめの速読術の教材はこちら

多くの人にとっては、速読術は今まで学んだことがない知識となります。小学校、中学校の国語の時間では、文章を理解する力を身に付ける授業はありますが、文章をできるだけ早く読む方法を学んだり、その能力を身につけたりすることはありません。

しかしながら、自然に速読術を習得して、他の人よりも文章を読むスピードが速い人が存在します。速読術の方法を学ばなくても、元からその様な能力を持っている人や速読術のコツや能力を独自に身につける人はいます。それは生まれ持った才能や後天的に身につけた能力です。

速読術のコツをつかむためには、速読術を身につけようと思った理由を明確にする必要があります。目的によって、速読のコツも異なるからです。

趣味が読書で、年間の読書量を増やすために速読を身に付けたい方は、全体的な把握能力で十分でしょう。ページを開き、要点のみを理解し1ページの読む時間を短縮する事が出来ます。これは、要点のみを理解するので正確な台詞等を読み落としてしまう可能性も有りますが、読書のスピードはとても上がるでしょう。

仕事や勉強、試験の為に速読術を身につけたい方は、できるだけ正確に早く読むスピードを上げたほうがいいでしょう。読書と違い、正確性が重要になります。もちろん、ある程度把握するよりも時間は掛かってしまいますが、速読術を身につけることで、今までよりも早いスピードで読む事が出来るでしょう。

速読のコツとしては、まずは読書量を増やすことが一番効果的でしょう。読む量が増えれば、文章を見ることに慣れるので、読む速度が上がっていきます。逆を言えば、読書をする習慣がない人は、読むスピードが遅いのです。

あとは、単純に読書量を増やすだけでなく、意識的に読むスピードを上げてみましょう。目安として1ページを読むのにかかる時間を計ってみるといいでしょう。そうすれば、読むスピードが上がったかどうか、客観的に計ることができます。スマートフォンのストップウォッチ機能を使えば、簡単に時間を測定できますよ。

また、インターネットでは、読書スピードが計測できるサイトがいくつかありますので、そうしたサイトを利用するのも手段の一つです。いろいろな読書速度計測サイトを試してみるといいでしょう。

以上が今日から簡単にできる速読のコツになります。ぜひ試してみてくださいね。

こちらのページでは、「試験に役立つ左脳型速読術」という速読術の教材をリンクにて紹介しています。教材の詳細については、販売元にお問い合わせください。

この記事をシェアする