速読のトレーニング方法

本がもっと速く読めたら、読書や勉強が捗ると考えている人は多いと思います。ここでは、速読のやり方とトレーニング方法を紹介します。

おすすめの速読術の教材はこちら

速読術には、トレーニング方法がいくつもあります。速読術は、人によって向き不向きもありますし、速読術トレーニングにも相性のようなものがあります。自分に合った速読術のトレーニング方法を実践することで、効率よく速読術を習得することができるでしょう。

自分に合わないトレーニング方法は続かない場合が多いので、速読を習得することができない可能性が高いです。いろいろな速読法を試しても、途中で挫折してしまう人は少なくありません。

最近は、パソコンのフリーソフトやスマホのアプリで速読術のトレーニングができるものもあるでしょう。画面に文章が表示され、一定時間が経過すると、その文章が消えてしまいます。時間制限があるので、人はできるだけ早く文章を読み終えようと思うでしょう。

この様なトレーニングを繰り返すことで、読むスピードが上がり、結果的に速読術を身に付けることができます。他にもパソコンソフトやスマホアプリでの速読トレーニングは、様々な種類があります。無料で気軽にできるもの多いので、自分に合った速読トレーニング方法を繰り返してみると良いでしょう。

ゲーム感覚で速読のトレーニングができるフリーソフトや速読アプリは多くの人が実践しています。楽しみながらトレーニングするのが速読を習得するコツなのかもしれません。

スマホの速読アプリであれば、通勤や通学の電車の中でも、速読トレーニングが可能なので、場所や時間を選ばずに実践できます。これは大きなメリットですね。

PCソフトやスマホの速読アプリの他には、自分自身でストップウォッチを持って、速読の練習を行うこともできます。普段、本やテキスト、参考書などを読む機会が多い人は、パソコン画面よりも紙媒体を読んで、速読トレーニングを行った方が効率的だと考えられます。

まず、ストップウォッチで1分計り、1分間でどれだけの量を読む事が出来るかを測定してみます。次は、1分間で読めた文章をもう一度1分間眺めます。その後は、1ページにつき1秒間、1分間今まで眺めていたページを見るのです。こうすることで、読むスピードが上がると言われています。

他にも速読術のトレーニング方法や練習法はたくさんあります。自分にあった速読術のトレーニング方法を見つけましょう。

以上、速読のトレーニング方法について書いてみました。簡単にできる速読トレーニングですので、ぜひ試してみてください。

この記事をシェアする