宅建試験(宅地建物取引士)試験科目と出題範囲

このページでは、宅建試験(宅地建物取引士)の試験科目と出題範囲について説明しています。

人気の不動産関連資格と言われている宅建試験ですが、試験は4肢択一式で50問が出題されます。

全問がマークシート方式で、4つの選択肢から解答を選ぶ方式の試験です。

なお、試験時間は2時間になります。

宅建試験は、科目ごとに試験が分かれておらず、全50問のなかで、民法、宅建業法、法令上の制限、その他関連知識が問われます。

それぞれ、出題数が異なり、民法、宅建業法の比重が高くなっています。

宅建の資格があると、不動産取引の現場で活躍できるため、取引や契約に関わる民法の問題が出題されます。

不動産取引時のトラブルを未然に防ぐためにも、民法は重要となる科目と言えるでしょう。

宅建業者や、宅地建物取引士の仕事上のルールについてまとめられた宅建業法についても、出題されます。

本格的に不動産ビジネスを始める前に、不動産業界の法律の知識が求められます。

また、法律上の制限という科目も存在します。法律上の制限は良い家づくりや環境づくりに関する科目と言えるでしょう。

これらの他に、不動産取引に関する知識が問われます。不動産購入に関する税金制度、土地や建物の安全性や耐久性に関する知識、などが出題されます。

以上のように宅建試験の科目、出題範囲は複数存在するため、難しく感じる人もいるかもしれません。

しかし、宅建試験は4肢択一式試験であるため、独学での勉強でも合格することができます。

ちなみに、宅建試験の合格率は15%前後となっています。

また、宅建試験は市販の参考書や過去問も充実しているので、独学でも効率良く勉強を進めることが可能です。

独学で宅建の勉強を進める人におすすめの教材も紹介したいと思います。

以上、宅建試験の試験科目と出題範囲について解説しました。

※ 宅建試験の正式名称は、宅地建物取引士です。以前は宅地建物取引主任者という名称でしたが、平成27年に宅地建物取引士に名称変更となっています。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加