宅建試験(宅地建物取引士)難易度と合格率

このページでは、宅建試験(宅地建物取引士)の難易度と合格率について説明しています。

宅建試験に合格すれば宅地建物取引士の資格を取得でき、不動産仲介や建築会社、不動産管理会社など不動産関連の現場で活用することができます。

では、宅建試験の難易度と合格率は、どのくらいなのか説明します。

まず、宅建試験の難易度ですが、弁護士や司法書士、公認会計士、税理士など、他の国家資格と比較すると、難易度はそれほど高くありません。

独学でも宅建試験の合格は十分狙えます。

宅建試験の難易度が高くない理由ですが、全50問4肢択一式の試験であることがあげられます。

宅建試験は科目ごとに試験が分かれていませんし、論文式や記述式の試験ではありません。

資格の専門学校でも宅建対策の講義が行われていますし、宅建のテキストや過去問も充実しています。また、通信教育の教材も充実しています。

そのため、学生だけでなく、社会人や主婦でも、時間を見つけながら独学で勉強して、宅建に合格できる可能性は十分にあります。

宅建試験の合格率は、毎年15パーセントから17パーセント程度となっています。

宅建試験は50点満点で、約70パーセントの正解率が合格ラインです。

宅建試験は年度によって、問題が難化、易化することが多少あり、合格率も数パーセント程度のブレがあります。

宅建の合格率は決して高くはないですが、しっかりと試験対策をしておけば、独学でも宅建試験に合格できる可能性はあるのです。

宅建試験は毎年10月の第3日曜日に行われるため、学習計画を立てて勉強を始めれば、独学でも短期合格が可能です。

ぜひ、宅建試験にチャレンジしてみてください。

以上、宅建試験(宅地建物取引士)の難易度と合格率について解説してみました。

※ 宅建試験の正式名称は、宅地建物取引士になります。以前は宅地建物取引主任者という名称が使われていましたが、平成27年度に宅地建物取引士に名前が変更となっています。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加