独学で弁理士試験を勉強する人におすすめの教材

このページでは、弁理士の独学におすすめの教材を紹介しています。

資格の学校に通わずに、独学で弁理士試験を勉強するとしても、参考書や通信講座、スマホやPCで受講するオンライン講座などが充実しています。

予算や確保できる学習時間、受験経験の有無などの条件によって、様々な方法のなかから、自分に合った弁理士試験の勉強法を選択することができます。

弁理士試験における学習環境は以前よりも、ずっと充実していますね。

市販の参考書やテキストを使って勉強しつつ、論文や暗記を得意にしておけば、独学で弁理士試験を受験しても合格できる可能性はぐっと高まります。

ここでは、弁理士試験の対策に使える論文対策と暗記対策の教材を紹介します。

弁理士試験の論文対策に使える教材

ここでは、論文式試験専用記憶術を紹介します。

論文式試験専用記憶術の詳細はこちら

択一式試験は得意だけど、論文式試験は苦手という人は多いです。

これは義務教育や高校の授業で論文を書くことがないからだと考えられます。

大学に入ってから、論文を初めて書くという人がほとんどでしょう。

弁理士の論文式試験の対策では、定義や論証例の暗記が必要です。

文章を丸暗記する必要があるので、論文式試験対策のインプットは膨大な量になります。

論文式試験専用記憶術は、文章を暗記することに特化しているので、弁理士の論文式試験対策に最適な記憶術です。

他の記憶術では、単語や数字を暗記することはできますが、文章を丸暗記となると対応していないことがほとんどです。

論文式試験専用記憶術では、弁理士の論文式試験に必要なインプットとアウトプットの方法を習得します。

論文を書くのが苦手、どうやって論文対策したらよいのか分からないという場合には、論文式試験専用記憶術がおすすめです。

弁理士試験で暗記対策に使える教材

ここでは、ユダヤ式記憶術を紹介します。

ユダヤ式記憶術の詳細はこちら

弁理士の短答式試験の対策には、暗記作業が不可欠ですが、なかなか暗記が捗らないこともあると思います。

記憶力に自身がない、暗記しても忘れてしまう、そもそも覚えられないという悩みです。

ユダヤ式記憶術は試験対策に特化して開発された記憶術です。インプットしたことを試験本番で思い出して答案作成できるという特徴があります。

試験本番までに忘れてしまったり、答案作成のときに思い出せなかったりすれば、試験には適さない記憶術になります。

ユダヤ式記憶術は試験に受かるための記憶術なので、弁理士の短答式試験にも適しています。

暗記が苦手で覚えても忘れてしまう、なかなか覚えられないという場合には、弁理士の短答式試験の対策にユダヤ式記憶術がおすすめです。

弁理士の独学におすすめの教材 最後に

これら記憶術の教材を上手く活用して、論文と暗記を得意にしておけば、独学での弁理士試験受験も有利になるでしょう。

弁理士試験を受験するにあたり、両方の記憶術を習得する必要はありません。

論文式試験が苦手なら、論文式試験専用記憶術がおすすめですし、暗記全般が苦手なら、ユダヤ式記憶術がおすすめです。

弁理士試験での苦手克服に論文式試験専用記憶術やユダヤ式記憶術を活用してみてください。きっと良い結果が出ると思います。

なお、弁理士試験の参考書や通信講座については、別のページで解説したいと思います。

以上、独学で弁理士試験を勉強するときに、おすすめの教材を紹介してみました。

この記事をシェアする