弁理士の論文対策

このページでは、弁理士の論文式試験の対策を紹介しています。

弁理士試験では、短答式試験、論文式試験、口述式試験の3つの試験があります。

それぞれ形式が異なるので、対策法も異なります。

短答式試験では、過去問を繰り返し解いたり、テキストや予想問題集を使った学習が効果的です。これは、他の資格試験も同様です。

弁理士試験の論文式試験では、弁理士にの活動に必要な基本的な法律の知識を理解しているか、論理的展開力や思考力、文章表現力や答案作成能力が問われます。

論文式試験となると、単純な暗記だけでは通用しないので、論文対策はどうすればいいのか、悩んでいる弁理士受験生も多いかと思います。

むしろ、文章を書くのが得意という人は少数派なので、論文対策をきちんとすれば、ライバル受験生に差をつけることができます。

弁理士の論文式試験の合格率は25%前後です。それほど狭き門というわけではないので、しっかりと論文対策をして、一発合格を目指しましょう。

弁理士の論文対策におすすめの教材

弁理士の論文対策として、論文式試験専用記憶術という教材を紹介します。

論文式試験専用記憶術の詳細はこちら

記憶術とは、暗記事項を瞬時に記憶する技術のことです。弁理士をはじめとする試験対策に活用することができます。

記憶術であれば、弁理士の論文対策に使えるかというと、そうではありません。

短期記憶や単純記憶を対象にした記憶術が多いので、論文対策には適さない場合がほとんどだと思います。

論文式試験専用記憶術では、論文対策に特化したインプット文章記憶術とアウトプット勉強法がメインの内容になります。

弁理士の論文対策は、法律や定義などの文章を暗記するためボリュームが膨大になります。

また、暗記したことを長期記憶に定着させ、弁理士試験本番では文章にして、答案作成しなければなりません。

このインプットとアウトプットの対策に適した記憶術が論文式試験専用記憶術なのです。

弁理士の論文対策に困っている人、論文を書くのが苦手な人は、論文式試験専用記憶術の習得をおすすめします。

論文式試験専用記憶術の詳細はこちら

弁理士の論文対策 最後に

弁理士の短答式試験と論文式試験に合格すれば、次は最後の口述式試験です。

弁理士の口述式試験は合格率90%を超える試験になります。

問題がなければ、口述式試験には合格できますので、論文式試験に合格すれば、弁理士合格まであと一歩ということです。

しっかりと論文対策しておけば、弁理士合格も近づくので、がんばりましょう!

以上、弁理士試験の論文対策についてでした。

この記事をシェアする