ケアマネージャーの難易度

このページでは、ケアマネージャー試験の難易度について説明しています。

高齢化社会で需要が増しているケアマネージャー試験ですが、それにともなって、介護職のステップアップのためにケアマネージャーの資格を取得する人も増えています。

ケアマネージャー試験の難易度は、どれくらいなのかみてみましょう。

20年ほど前から始まったケアマネージャー試験の合格率は、平均して20%程度なので、けっして簡単な資格試験とは言えません。

いくつか種類がある介護関係の資格の中では、難易度が高い試験です。

試験が行なわれた年によっては、15%程度の合格率となっていますから、ケアマネージャー試験の難易度は高めであると言えるでしょう。

講習を受けたり、簡単な試験を受ければ取得できる資格ではないのです。

最近の介護の現場では、ケアマネージャー職の需要が高まっていますが、高いクオリティを維持できる介護系の人材が特に必要となっています。

そのような人材を確保するために、設けられている試験なので、ケアマネージャー試験の難易度も高めに設定されています。

介護業界のサービスを向上させ、維持していくための優秀な人材を見つけるため、審査基準を高くしていると考えられます。

ケアマネージャー試験は国家試験では無く、公的試験となっています。

これまでは、ケアマネージャー試験の合格基準が自治体によって違っていましたが、現在では統一されています。

ケアマネージャー試験の難易度それなりに高いので、前もってきちんと試験対策と準備しておくことが求められます。

介護の分野で成果を出せる人材となれるように、しっかり準備をして試験に臨みたいですね。

ケアマネージャー試験対策のテキストや過去問、通信講座も充実していますので、独学でケアマネージャー試験の合格も可能です。

以上、ケアマネージャーの難易度について解説しました。ケアマネージャーの試験の合格を目指す人は参考にしてみてくださいね。

この記事をシェアする