介護福祉士の難易度

このページでは、介護福祉士の難易度について説明しています。

介護の現場でプロとして働く介護福祉士になるための試験の受験者は増加傾向にあります。

ここ数年で受験者数が増えている介護福祉士試験ですが、難易度は高いのでしょうか。

日本は高齢社会の影響で、介護福祉士のニーズは日に日に高まっています。しかし、現状では介護福祉士になるための資格試験は、難易度は高くはありません。

数年前までは、合格率が50%くらいでしたが、直近の2回の試験では合格率が70%前後と上がってきています。

将来的に、介護福祉士の合格率はどうなるか分かりませんが、これまでの5年間の平均合格率は、60%を少し超えるくらいの合格率です。

同じ介護系資格であるケアマネージャーの合格率が15~20%程度であることを考慮すると、介護福祉士試験の難易度は低いといえるでしょう。

あらゆる資格試験や検定にいえることですが、始めのうちは簡単でも、難化していく傾向にあります。介護福祉士の資格が必要であれば、早めに取得しておくことをお勧めします。

介護福祉士試験の難易度は高くありませんが、系統だった勉強が必要です。やはり、準備不足では不合格になる可能性もあがります。

介護福祉士試験は介護職に従事する人が、キャリアアップのために用意された国家資格です。

他の国家試験は超難関もありますが、介護福祉士試験はそこまでの難易度ではありません。とはいえ、半分近くの人は不合格になる試験です。

もちろん、その年の問題によって合格率は変わってきますし、受験者数によって合格率が変動する場合もあります。

介護福祉士試験は、きちんと受験対策をしておけば、独学でも合格できるレベルの試験です。

介護福祉士合格のカギは受験に向けての準備となりますから、過去問や介護福祉士の通信講座などを活用して、しっかりとした準備をして行きましょう。

以上、介護福祉士試験の難易度について解説しました。介護福祉士の資格取得を目指す人は参考にしてくださいね。

この記事をシェアする