ゲーム感覚で記憶力をアップする方法

このページでは、ゲーム感覚で記憶力をアップする方法を紹介しています。

近年、記憶力を高めるためのゲームが増えています。インターネット上でダウンロードできるPCフリーソフトやスマホアプリ、家庭用ゲーム機など、気軽に遊べるゲームが多いです。

記憶力をアップしたい、歳のせいか暗記力が衰えたという人にゲーム感覚で記憶力を鍛えることをおすすめします。

特に能力開発系や能力トレーニング的なゲームがとても多いです。例えば、瞬間記憶能力テストなどです。一定秒数画像や文字などを見せた後に、記憶したものを並べたり記憶した文章を記載したりするゲームです。こうした瞬間的記憶能力テストなど、無料で遊べるソフトやアプリも多いので、ゲーム感覚で記憶力を鍛えることができるのです。

また、こうした記憶力アップのアプリやゲームは年齢を設定して行うことが可能です。自分の年齢を設定することで、年齢別の平均的な記憶力や自分は平均の記憶力と比べて、記憶力が良いのか悪いのかを知ることができます。これは多くの人が気になるところだと思います。

インターネット上の記憶ゲームやスマートフォンのアプリだけではなく、家庭用ゲーム機でも記憶力を鍛えることができるものもあります。例えば、ニンテンドーDSでは能力トレーニング用のゲームが販売されています。いまは、中古ソフトが安く手に入るのでオススメです。

また、ニンテンドースイッチでは、脳を鍛える大人のトレーニングというソフトがあります。脳を鍛える大人のトレーニングは、東北大学加齢研究所の川島隆太教授が監修した脳トレのソフトです。脳年齢のチェックや測定ができて、脳を活性化するためのトレーニングをゲーム感覚で楽しむことができます。脳を鍛える大人のトレーニングでは、脳トレ大会も行われているようなので、チャレンジしてみるといいでしょう。

ニンテンドーDSやスイッチのゲームを使えば、わざわざパソコンを開かなくても気軽にどこでも記憶力を鍛えることができますし、ゲーム感覚で小学生くらいの子供からお年寄りまで幅広い年齢の人が記憶力トレーニングをすることができるのです。気軽に記憶力の維持や記憶力向上ができるということです。

インターネット上でも、DSやスイッチなどのゲーム機でも、記憶能力アップのゲームはたくさんあります。そうしたゲームで遊ぶだけで、記憶力を鍛えることができます。毎日10分程度でもいいので、ゲームを活用して記憶力や暗記力を鍛えてみてはどうでしょうか。

以上、ゲーム感覚で記憶力をアップする方法を紹介してみました。記憶力を鍛えるのにゲームを活用してみてくださいね。

この記事をシェアする