記憶術とは何か?

このページでは、記憶術とは何かをテーマに書いています。

記憶術とは、たくさんのものを一度に記憶する為の技術の事を言います。記憶術を学ぶ事で、記憶力アップし仕事や勉強の効率がぐっと上がり、様々な知識を短時間で身に付ける事が出来ます。記憶術の歴史は意外に長い物なのです。元々は、2500年前に記憶術を行っていた方がいると言われています。その技術がどんどん進歩を遂げ、現代に伝わっていったのです。最近では、ユダヤ式記憶術やジニアス記憶術など、記憶術を習得するための教材があります。

記憶術は大きく分けて2種類あると言われています。1つ目は、記憶の効率を上げる方法です。自分にあった記憶方法を身に付ける事で、より自分で記憶しやすい方法を行うのです。これは人によって違いがありますが、さまざまな記憶方法を試していくうえで見つけやすいでしょう。勉強上手な方は、自分にあった記憶の効率を見つけているのでは無いでしょうか。

2つ目は、人間の本来の記憶術を向上させる方法です。記憶の効率ではなく、本来の人間の能力を向上させる事で、記憶術を上がる事が出来ます。これは自分自身で特訓やトレーニングを行う事で、記憶術を上げる事が出来るでしょう。人間の記憶と深く関わっている部分は海馬と言われている部分です。この部分の特性を利用して行う記憶術がいろいろあります。

また、記憶術にはいくつかの方法があります。物語法と言って、物語を考えてそれに当てはめて覚える方法、頭文字方法と言って、記憶したい物の頭文字を覚えて記憶する方法、そして、数字など覚えやすい物に置換して覚える置換法です。自分にあった方法を行い、記憶力を高めていきましょう。

記憶術に関する本もいくつか出版されています。田辺由香里の瞬間記憶術、六波羅穣の一流の記憶法、平田直也の世界最強記憶術、宮地真一の最高の記憶術などがあります。

アマゾンプライム会員やKindle Unlimited会員は、無料で読める本もあるので上手く活用するといいでしょう。

最近では、Youtubeにも記憶術のやり方などの動画が上がっています。例えば、メンタリストDaigoさんや吉野邦昭さん、大野式記憶術などの動画があります。

記憶術の教材や講座は料金が高いので、まずは無料コンテンツで記憶術のやり方を学んでみるのもひとつの方法です。

以上、記憶術とは何かについて書いてみました。ぜひ、受験勉強や試験勉強に記憶術を活用してみてくださいね。

この記事をシェアする