行政書士試験の試験科目と出題範囲

このページでは、行政書士試験の試験科目と出題範囲について説明しています。

行政書士試験の難易度は、司法試験や公認会計士などの国家資格より簡単だと言われていますが、試験科目は細分化されています。

行政書士試験の試験科目は大きく分けると、「行政書士の業務に関し必要な法令」と「行政書士の業務に関連する一般常識」の2つがあります。

この2つの試験科目のなかで、各種法令、政治経済などの細かい科目に分かれています。

行政書士試験の出題形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式と記述式による出題、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式による出題となっています。

行政書士試験では選択式問題の他にも、記述式問題があるので、記述式対策が必要になる試験です。

まず、「行政書士の業務に関し必要な法令等」に関する試験科目ですが、憲法、行政法、民法、商法、基礎法学です。

行政法をさらに細かく見ると、行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法を中心として出題されます。

行政書士試験の過去問に関するデータを見ると、行政法と民法からの出題比重が高く、メインの試験科目と言えるでしょう。

これらの他に、法令に関する基礎知識が問われる場合もあります。

行政書士試験の過去問を見ると、法律用語や裁判制度の仕組みなどが問われています。

次に、「行政書士の業務に関連する一般常識等」ですが、政治と経済、社会、情報通信、個人情報保護、文章理解について問われます。

普段は聞き慣れない難しい用語や世界情勢、環境問題に関する知識が必要となるでしょう。

一般常識の対策として、新聞やインターネット、経済誌などをチェックし、関連知識を身に付けておくと良いでしょう。

さらに文章読解の問題が3問出題されます。文章を正しく読解し、適切な答えを選択できるかがポイントになります。

こうして見ると、行政書士試験は試験科目の出題範囲が広いので、難しく感じることもあると思います。

行政書士試験の勉強と対策としては、長期計画をたてて計画的に進め、苦手科目を克服するとよいでしょう。

以上、行政書士試験の試験科目と出題範囲について解説しました。

この記事をシェアする