国家公務員試験の種類

このページでは、国家公務員試験の種類について説明しています。

長引くデフレ経済の影響もあり、職業に対する安定志向が定着し、近年では公務員試験の人気も高まっています。

公務員試験は、国家公務員と地方公務員に分かれ、そこから職種がさらに分かれます。

国家公務員試験を目指そうと思っても、どんな種類があるのか知らないと、試験対策を始めることができません。

ここでは、どのような国家公務員試験の種類があるのか説明していきます。

国家公務員試験は、職種に応じて試験が違ってきます。

総合職と一般職、専門職というように別れているのです。

国家公務員の総合職は非常に倍率が高く、国家の政策などに関係する重要な仕事を行なっていきます。

一般職は事務関係の仕事となり、それに関係した試験内容です。

専門職は国税専門官や皇宮護衛官、労働基準監督官、航空管制官など、それぞれの仕事内容に応じた試験内容となります。

国家公務員試験は、それぞれの学歴に応じても試験の種類が変わってきます。

大学卒、高校卒や社会人採用によって、試験が変わるのです。

また、工学をめざす人や行政をめざす人、さらに農業農村工学をめざす人などに応じた試験もあります。

国家公務員試験は職種や学歴によって、あらゆる種類の試験が用意されています。

試験に申し込むときには、自分が受けたい試験を選んで、インターネットから申し込みをして行きます。

国家公務員試験には、種類が複数ありますが、いくつかの試験と併願受験できるのは、受験者としては安心できる仕組みですね。

自分の学歴や目指す職種によって、国家公務員試験の種類が違ってきますから、国家公務員を目指す人は注意して下さい。

以上、国家公務員試験の種類について解説しました。将来は、国家公務員を目指すという人は参考にしてみてくださいね。

この記事をシェアする