独学で社労士を勉強する人におすすめの教材

このページでは、社労士を独学で勉強している人におすすめの教材を紹介します。

社労士試験は、選択式と択一式の2種類の問題形式に分かれており、労働基準法や雇用保険法、健康保険法、各種年金制度などの幅広い分野から出題されます。

論文試験や口述試験はありませんが、暗記量や学習ボリュームは多くなります。

そのため、独学で社労士に短期合格するためには、効率よく学習を進める必要があります。ここでは、社労士試験に使える学習法や記憶術の教材を紹介します。

社労士ツボ式学習法 坪義生 監修

社会保険労務士の有資格者で、資格スクールで社労士講師をしている坪義生が監修した社労士試験に短期合格するための学習法になります。

社労士ツボ式学習法の詳細はこちら

社労士試験では膨大な量のテキストを勉強する必要があります。ツボ式学習法とは現役の社労士講師が教える社労士試験に受かるための勉強法です。

坪義生のツボ式学習法は、独学で社労士試験の勉強して、短期合格を目指す人におすすめの教材です。特に忙しくて勉強時間が多くとれない人にお勧めです。

社労士超高速勉強術 矢野準也 監修

社労士、宅建、行政書士の有資格者である矢野準也が監修した社労士勉強法です。矢野準也は不動産業や行政書士事務所を営む実業家です。

社労士超高速勉強術の詳細はこちら

超高速と大げさな名前が付いていますが、矢野準也の社労士超高速勉強術を利用したとして、最低でも6ヶ月の学習期間は必要になります。

矢野準也の社労士超高速勉強術は、社労士の他に、宅建や行政書士などダブルライセンスやトリプルライセンスを独学で目指す人におすすめの教材です。

ユダヤ式記憶術 松平勝男 監修

ユダヤ式記憶術は、社労士試験に特化した教材ではありませんが、記憶術を習得しておけば、社労士試験に必要な暗記の攻略に使える技術です。

ユダヤ式記憶術の詳細はこちら

暗記が得意であれば、選択式と択一式から構成される社労士試験の合格に近づきます。

ユダヤ式記憶術の特徴は試験対策用に考案された記憶術であるという点です。ユダヤ式記憶術は、これまであったイメージ式記憶術を覆す、新しいタイプの記憶術なのです。

社労士試験を受験する予定だけど、暗記が苦手という人には、ユダヤ式記憶術がおすすめです。もちろん、社労士試験以外の資格試験にも使える記憶術です。

社労士の独学向け教材 最後に

このページでは、3つの社労士教材を紹介しましたが、これらの社労士教材を利用するとしたら、どれか1つあれば十分です。

独学で社労士の短期合格を目指すのなら、ツボ式学習法がおすすめ、暗記が苦手で克服したいのなら、ユダヤ式記憶術がおすすめです。

学習法や記憶術があれば、忙しくて学習時間をなかなか確保できない人でも、社労士試験の勉強を効率的に進めることができるでしょう。

独学でも効率的に学習を進め、社労士試験の合格を勝ち取りましょう!

以上、独学で社会保険労務士を勉強している人にお勧めの教材についてでした。これらの教材を有効活用して、社労士試験の短期合格を目指しましょう。

この記事をシェアする