論文式試験とは?

このページでは、論文式試験について説明しています。

論文対策におすすめ!

論文式試験専用記憶術の詳細はこちら

論文式試験とは、問われている法律や理論の理解力、論理的思考力、文章表現力などを総合的にみるための試験方式です。

司法試験や公認会計士試験、税理士試験、不動産鑑定士試験、弁理士試験などで、論文式試験が課せられます。主に法律科目や理論科目が論文式試験で問われます。

これらはどれも、難関資格や難関試験と呼ばれるものです。

難関資格や難関試験では、短答式試験に加えて、論文式試験や口述式試験が課せられるケースが多いです。その分、試験の難易度が増します。

論文式試験に対して、選択式試験や短答式試験というものがありますが、マークシートで解答を選ぶ試験方式なので、対策や勉強法も簡単になります。

論文式試験の対策や勉強法は、どうしたらよいか分からない人も多く、ついつい、論文対策を後回しにしてしまいがちです。

そのため、きちんと論文対策しておけば、他の受験生と差がつきやすい試験方式ですので、論文を得意にしておくと有利になります。

論文式試験では暗記が必要ですが、用語レベルではなく、文章を覚える必要があるので、選択式試験や短答式試験に比べると難しくなります。

さらに、文章で解答する必要があるので、文章力によって答案に差が出るのが特徴です。

論文対策では、インプットも膨大な量になりますし、アウトプットの練習も必要です。

しっかりと学習時間をかけて、論文式試験対策を行うことで、合格に近づきます。

なお、論文式試験とにたような試験方式に、記述式試験があります。

記述式試験とは、文章中の空欄に当てはまる単語を記述したり、定義などを記述する試験方式です。文章で解答する場合でも、200文字程度の問題が多いです。

論文式試験と記述式試験の違いは、解答に必要な文章の量、ボリュームになります。

論文式試験は、きちんと対策すれば得意にすることも可能です。

当サイトでは論文対策や勉強法として、論文式試験専用記憶術をおすすめしています。

論文式試験専用記憶術の詳細はこちら

以上、論文式試験とは、どのような試験方式か解説しました。

この記事をシェアする