国家公務員試験の難易度

このページでは、国家公務員試験の難易度について説明しています。

公務員試験の面接対策の教材はこちら

国家公務員に憧れる人は多いですが、どれくらいの難易度か気になることでしょう。
毎年数十万人が受験する公務員試験ですが、国家公務員試験がどれくらい難しいのか解説します。

国家公務員には、一般の採用試験と特別職や外務省専門員用の試験があります。
結論から言うと、どちらも超難関であると言えます。
難易度は他の地方公務員試験と比較しても、かなり高くなっています。
国家公務員試験の中でも、総合職試験や引率者試験の難易度は別格です。
一般教養についての問題だけでは無く、職種に関係した専門的な知識が求められる試験です。

国家公務員試験の倍率は毎年10倍を超えているので、合格を目指すのは簡単なことではありません。
経済が不安定になるほど、色が安定している国家公務員の仕事は人気です。
国家公務員の仕事としての人気に比例して、試験の倍率も上がり、難易度も高くなっていきます。
毎年国家公務員の定員は変動していますから、定員が少ないときはさらに難易度が上がります。
ある年などは20倍近い倍率がありました。
しかし、国家公務員採用試験の中でも区分があり、総合職より一般職試験の方が倍率は低めです。

国家公務員試験の難易度は、他の試験に比べて非常に高くなっています。
計画的な勉強によって、国家公務員試験を攻略していきましょう。

以上、国家公務員の難易度について解説しました。将来、国家公務員を目指すという人は、試験を受ける際の参考にしてみてくださいね。

この記事をシェアする